京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2012年04月14日

第1627問

【第1627問】
白峯神宮に最も近い場所に屋敷を構えていたのは誰か。

ア、山名宗全  イ、千利休  ウ、本阿弥光悦  エ、古田織部

↓解答はこちら

【第1627問】

<解答> ウ、本阿弥光悦

<解説> 本阿弥光悦が生まれた本阿弥家は、刀の鑑定や研磨、拭いといった刀剣に関する家柄である。屋敷跡は現在の白峯神宮の北東すぐのところにあり、邸宅跡を示す石碑が立っている。
 山名宗全は、応仁の乱において西軍を率いて戦った総大将である。邸宅跡は西陣にあり、白峯神宮からも比較的近い場所にある。千利休の屋敷は豊臣秀吉の聚楽第の近くに造営され、現在は西陣にある晴明神社の境内と重なっている。そのため、晴明神社には利休の屋敷跡の石碑と、利休が使用したと伝わる井戸が、 「 晴明井 」 という形で残されている。千利休の跡を継いで茶道の世界に新風を吹き込んだ古田織部は、堀川三条東入ル辺りに邸宅を構えていたとされる。(3級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。