京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年11月16日

第3298問

【第3298問】
二条城の二の丸御殿において、狩野光信の作とされる襖絵があるのはどこか。

ア、式台の間  イ、大広間  ウ、黒書院  エ、白書院

↓解答はこちら

【第3298問】

<解答>  ウ、黒書院  

<解説>  二条城の国宝二の丸御殿は、雁行形となっており、手前から遠侍、式台大広間、蘇鉄の間、黒書院白書院と続いている。このうち、狩野光信が描いたのは黒書院であり、この部屋は将軍が親藩など親しい大名と面会した内向きの部屋となっている。
  式台大広間は光信の兄である狩野探幽が手掛けており、白書院は諸説あるが狩野長信または興以筆とされている。(2級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)
 第3280問 (2016-10-29 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。