京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2008年09月18日

第271問

【第271問】
茶室閑隠席及び枡床席を持つ寺院はどれか。

ア、 聚光院  イ、真珠庵  ウ、龍光院  エ、孤蓬庵

↓ 解答はこちら

【第271問】

< 解答 >  ア、聚光院

< 解説 >  聚光院は、三好長慶の菩提を弔うために子の義継によって作られた。千家の菩提寺であり、狩野松栄・永徳父子の国宝の襖絵を押さえておきたい。その他に閑隠席及び枡床席というお茶室を持つ。
真珠庵は、一休宗純の墓所として尾和宗臨によって建立された。茶室庭玉軒は金森宗和好みの茶室である。黒田長政が、父如水の菩提所として建立した龍光院には、小堀遠州作の茶室と伝わる国宝の密庵席がある。同じく小堀遠州が、龍光院内に建てた子院が起りの孤蓬庵には、茶室忘筌席がある。他にも大徳寺には、黄梅院の武野紹鷗好みの昨夢軒、高桐院の細川三斎好みの松向軒など多くの塔頭に茶室があり、茶面とよばれるゆえんである。(2級)


同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。