京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2014年03月20日

第2329問

【第2329問】
京都市内で小堀遠州の墓がある寺院はどこか。

ア、興聖寺 ( 上京区 ) イ、仏国寺  ウ、悟真寺  エ、圓光寺

↓解答はこちら

【第2329問】

<解答> イ、仏国寺

<解説>  伏見にある仏国寺 ( ぶっこくじ ) は、もともとという永光寺という名前であったが、江戸時代の延宝6 ( 1678 ) 年に萬福寺5世住職を務めた高泉性敦 ( こうせんしょうとん ) によって再興されて現在に至っている。重要文化財として高泉に帰依した近衛家熈 ( このえいえひろ ) が残した 「 開山高泉碑 」 が建ち、境内の旧墓地の端には小堀遠州の墓も残っている。小堀遠州の墓は、京都市内では大徳寺の塔頭である孤篷庵 ( こほうあん ) にも残っている。
  興聖寺 ( 上京区 ) は 「 織部寺 」 と呼ばれ、大名茶人として活躍した古田織部の墓があり、悟真寺 ( ごしんじ ) は 「 応挙寺 」 と呼ばれ、京都画壇に円山派を形成した円山応挙の墓があり、圓光寺には村山たか女や徳川家康の墓がある。(2級) 

※写真は仏国寺全景と小堀遠州墓








同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
第1424問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。