京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2008年07月13日

第204問

【第204問】
京都の京阪三条駅の上で、御所の方を向いて土下座している銅像は誰か。

ア、 高山彦九郎  イ、林子平  ウ、蒲生君平  エ、梅田雲浜

↓ 解答はこちら

【第204問】

< 解答 >  ア、高山彦九郎

< 解説 >  高山彦九郎は江戸中期の尊王家で、御所が荒れ果ててるのをみて、三条大橋で土下座して詫びるという奇行で知られ、林子平蒲生君平と共に、 「 寛政の三奇人 」 と呼ばれる。現在でも三条大橋には御所に向いて土下座する像があり、京都市民の待ち合わせ場所に使われるなど、三条京阪駅界隈のシンボルの一つになっている。
 梅田雲浜は幕末の若狭小浜藩士で、尊攘論を唱えたが、安政の大獄で捕らえられ、江戸で刑死した。 (2級)

<一言> 一般的には 「 土下座像 」 で知られてますけど、高山彦九郎っていう名前を知らない人が大半でしょうね。寛政の頃は奇人とされましたが、幕末に尊皇攘夷の思想が盛んになれば一気にその評価が見直され、ついに銅像ですからねぇ。時代による思想の変化を感じますね。



同じカテゴリー(自然・観光)の記事画像
第524問
第202問
第57問
第57問
第57問
同じカテゴリー(自然・観光)の記事
 第3230問 (2016-09-08 23:59)
 第3184問 (2016-07-24 23:59)
 第3171問 (2016-07-11 23:59)
 第3153問 (2016-06-23 23:59)
 第3102問 (2016-05-03 23:59)
 第3098問 (2016-04-29 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。