京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年11月26日

第3308問

【第3308問】
京都御所の紫宸殿を移した建物はどれか。

ア、大覚寺・宸殿  イ、仁和寺・金堂  ウ、南禅寺・方丈  エ、毘沙門堂・宸殿

↓解答はこちら

【第3308問】

<解答>  イ、仁和寺・金堂  

<解説>  仁和寺・金堂は、京都御所の正殿として慶長18 ( 1613 ) 年に建立された紫宸殿が、江戸初期の寛永年間に行われた仁和寺の再建時に移築され、本尊の阿弥陀三尊像を祀る本堂となった。その後、御所にある紫宸殿は何度か焼失したため、現存する最古の紫宸殿の遺構とされる。
  大覚寺・宸殿は御所の東福門院使用の建物が移されたものであり、南禅寺・方丈も御所の建物が移築されたものであり、毘沙門堂・宸殿も御所の後西天皇旧殿を移築したものである。(3級)

同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)
 第3277問 (2016-10-26 23:59)
 第3266問 (2016-10-15 23:59)
 第3265問 (2016-10-14 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。