京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年09月30日

第3251問

【第3251問】
後水尾天皇が指導や、後援を受けながら立華を大成した池坊の人物は誰か。

ア、初代専好  イ、専応  ウ、専慶  エ、二代専好

↓解答はこちら

【第3251問】

<解答>  エ、二代専好

<解説>  江戸幕府の圧力を受けて政治的な力をそがれた朝廷は、後水尾天皇が突如譲位するなど、幕府への抵抗が試みられたが、政界に復帰することは困難となった。そこで、文化に注力し、後水尾上皇を中心に町衆文化も交えた寛永文化を現出させた。中でも室町後期に 「 立花 」 で名を挙げた池坊専慶から池坊専応につながる華道の流れは、豊臣秀吉の時代に初代専好が出て 「 立華 」 を創始し、後水尾上皇の時代に二代専好は、禁裏の花会を指導して立華を大成させた。(3級)

同じカテゴリー(芸術・文化)の記事画像
第1708問
第61問
同じカテゴリー(芸術・文化)の記事
 第3303問 (2016-11-21 23:59)
 第3249問 (2016-09-28 23:59)
 第3241問 (2016-09-19 23:59)
 第3214問 (2016-08-23 23:59)
 第3213問 (2016-08-22 23:59)
 第3181問 (2016-07-21 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。