京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2009年03月29日

第463問

【第463問】
能楽の演目の一つである 「 卒塔婆小町 」 で老いた小野小町にとりついたのは誰か。

ア、小野篁  イ、在原業平  ウ、大友黒主  エ、深草少将

↓解答はこちら

【第463問】

<解答> エ、深草少将

<解説> 「 卒塔婆小町 」 は観阿弥によって創られたとされる。小野小町を主人公とする 「 小町物 」 の代表作品で、七小町の一曲である。内容は卒塔婆に座る年老いた小野小町を通りすがりの高僧が諭すのだが、逆に小町によってやりこめられてしまう。そこで礼をつくして高僧が名を尋ねると、世に名高い小野小町であることを名乗る。その後、最も小町に執心の強かった深草少将の霊が小町にとりついで、小町を苦しめるという内容である。
  小野篁は一説には小町の祖父であるとされる人物で、昼間は嵯峨天皇に仕え、夜は閻魔大王に仕えたという伝説が残っている。在原業平は美男子であり、小町同様に六歌仙にも選ばれるほど歌人としての才能も豊かであったが、出世には恵まれなかった。一説には小町に求愛したが、はねつけられたと言われている。大友黒主も六歌仙の一人で、ライバル関係にあったあった小町とは歌合せで対決した際に、小町の歌を万葉集からの盗作であると主張し、証拠の草紙を見せるが、小町が遣り水で洗うと文字が流れ消えたという。この事件によって小町の歌人としての才能が更に世に示されることとなった。(2級)

同じカテゴリー(芸術・文化)の記事画像
第1708問
第61問
同じカテゴリー(芸術・文化)の記事
 第3303問 (2016-11-21 23:59)
 第3251問 (2016-09-30 23:59)
 第3249問 (2016-09-28 23:59)
 第3241問 (2016-09-19 23:59)
 第3214問 (2016-08-23 23:59)
 第3213問 (2016-08-22 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。