京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2009年03月28日

第462問

【第462問】
京菓子である祇園稚児餅はどこの店の看板商品か。

ア、二條若狭屋  イ、二條駿河屋  ウ、三條若狭屋  エ、先斗町駿河屋

↓解答はこちら

【第462問】

<解答> ウ、三條若狭屋

<解説> 三條若狭屋は明治26年創業で、祇園祭に出される 「 祇園稚児餅 」 で知られている。白味噌を甘く炊いたものを求肥で包み、氷餅をまぶして竹串に刺したものが三本1包みで売られている。
  二條若狭屋は大正6年の創業で、丹波山芋を主原料にした皮で餡を包んで軽く焼いた菓子である 「 家喜芋 ( やきいも ) 」 が名物である。二條駿河屋は昭和10年の創業で、丹波大納言のつぶ餡に、色白のすり蜜衣をかけた 「 松露 ( しょうろ ) 」 が人気。先斗町駿河屋は明治31年の創業で、代表銘菓は 「 ひとく ちわらび 」 。本わらびを使ったわらび餅と上品な甘さのこし餡の相性が抜群である。(3級)

同じカテゴリー(生活・行事)の記事画像
第2877問
第2071問
第1859問
第874問
第599問
第558問
同じカテゴリー(生活・行事)の記事
 第3304問 (2016-11-22 23:59)
 第3301問 (2016-11-19 23:59)
 第3294問 (2016-11-12 23:59)
 第3290問 (2016-11-08 23:59)
 第3288問 (2016-11-06 23:59)
 第3264問 (2016-10-13 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。