京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2009年03月21日

第455問

【第454問】
孝明天皇の妹で、第14代将軍徳川家茂に嫁いだ和宮はどこの出身か。

ア、近衛家  イ、中山家  ウ、冷泉家  エ、橋本家

↓解答はこちら

【第455問】

<解答> エ、橋本家

<解説> 和宮は橋本家の出身であり、京都御所の東に隣接する橋本邸において、仁孝天皇の第8皇女として生まれた。生まれた時すでに父親は崩御しており、兄孝明天皇の命によって有栖川宮熾仁親王と婚約していたが、その後の公武合体政策の中で、第14代将軍徳川家茂に降嫁することとなった。
  近衛家は五摂家の筆頭で、薩摩藩との関わりが深く、天璋院 ( 第13代徳川家定の正室 ) も一度、近衛家の養女となってから徳川家に嫁いでいる。中山家は明治天皇が生まれた家である。現在も、近衛家同様に御所の北側に中山邸跡があり、明治天皇の幼名祐宮 ( さちのみや ) にちなんで命名された祐井 ( さちのい ) がある。冷泉家は歌道の宗家であり、明治維新後、明治天皇の東京移住に付き従って、大半の公家が東京へ移る中、留守居役として京都に残った。現在その建物は同志社大学の敷地内にある。(2級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。