京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2009年03月20日

第454問

【第454問】
江戸時代、表千家はどこの指南をつとめていたか。

ア、加賀前田家 イ、紀州徳川家 ウ、尾張徳川家 エ、讃岐高松松平家

↓解答はこちら 

【第454問】

<解答> イ、紀州徳川家

<解説> 表千家は千宗旦の三男であった千宗左が継ぎ、紀州徳川家に仕えた。茶室の名前は不審菴である。
  また四男の千宗室は裏千家を興し、加賀前田家に仕えた。まさにその名の通り、表千家の裏に家を造ったことから、裏千家という名前となった。茶室の名前は今日庵である。二男の宗守は武者小路千家を興し、讃岐高松松平家に仕えた。その出仕が終わって造った茶室が官休庵である。つまり官に仕えてきたが、それを辞して造ったという意味がこ込められている。(3級)

同じカテゴリー(芸術・文化)の記事画像
第1708問
第61問
同じカテゴリー(芸術・文化)の記事
 第3303問 (2016-11-21 23:59)
 第3251問 (2016-09-30 23:59)
 第3249問 (2016-09-28 23:59)
 第3241問 (2016-09-19 23:59)
 第3214問 (2016-08-23 23:59)
 第3213問 (2016-08-22 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。