京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2009年03月17日

第451問

【第451問】
相国寺にかかわった人物ではないのは誰か。

ア、春屋妙葩  イ、足利義満  ウ、狩野山楽  エ、千宗旦

↓解答はこちら

【第451問】

<解答> ウ、狩野山楽
 
<解説> 相国寺は夢窓疎石を勧請開山として、実質的には春屋妙葩 ( しゅんおくみょうは ) によって開かれたといえる。夢窓疎石の弟子であった春屋妙葩は、師匠を開山とすることを条件に第2世の住職となった。この相国寺創建には足利義満の強い意向が反映されており、当時の五山の制を改定し、相国寺を第2位の位置に強制的に入れたとされる。創建直後から何度も火災にあって焼失を繰り返し、現在の諸堂で最も古い法堂の天井は、狩野光信の雲龍図が描かれている。この雲龍図はある場所で手をたたくと、堂内に反響してその音が龍の鳴き声のように聞こえることから 「 鳴き龍 」 と呼ばれている。また境内にある宗旦稲荷には、相国寺に住みついた狐を祀っている。この狐はかつて茶会で茶菓子を食べたり、茶人として名高い千宗旦に化けたりと悪ふざけをしていたが、実際にそのお手前も素晴らしく、あるとき宗旦が招かれて少し遅れて茶会へ出向くと、すでに宗旦に化けた狐が見事にお手前を披露していたため、宗旦は来訪を告げられなかったという逸話も残っている。

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。