京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2009年03月16日

第450問

【第450問】
3月の14日から16日にかけて 「 猫入り涅槃図 」 を公開している寺院はどこか。

ア、東福寺  イ、泉涌寺  ウ、本法寺  エ、真如堂

↓解答はこちら

【第450問】

<解答> ア、東福寺

<解説> 明兆によって描かれた東福寺の涅槃図は、通常の涅槃図には見られない猫の姿も描かれており、 「 猫入り涅槃図 」 として知られている。通常猫が描かれていない理由は、お釈迦様の使いである鼠を食べたとか、鼠にだまされてお釈迦さんの涅槃に間に合わなかったからなどと諸説あるが、こちらは明兆が描いていた時に、猫が裏山から絵の具を運んできたとされ、喜んだ明兆が例外的に描いたとされる。ちなみにその猫がやってきた裏山は現在 「 絵具谷 」 と呼ばれている。
 泉涌寺も東福寺と同じく3月14日から16日の3日間涅槃図が公開される。大きさは東福寺より若干大きく、日本最大級を誇っており、あまりにも大きいために、上部と下部を堂内で折り曲げて展示している。本法寺の涅槃図は長谷川等伯が描いたもので、3月15日から4月15日にかけて本物が公開され、それ以外の期間は印刷されたものが掲げられている。真如堂では3月1日から末日までの1カ月涅槃図が公開され、 「 花供祖あられ 」 が授与される。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。