京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2008年09月25日

第278問

【第278問】
妙心寺の塔頭の中で、山内最古の建物である微笑庵 ( 開山堂 ) を持つ寺院はどれか。

ア、 玉鳳院  イ、東海庵  ウ、霊雲院  エ、天球庵

↓ 解答はこちら

【第278問】

< 解答 >   ア、玉鳳院

< 解説 >  玉鳳院の微笑庵は、室町中期の建物で、天文6 ( 1573 ) 年に東福寺山内から移築された。
東海庵は、文明16 ( 1484 ) 年、利貞尼によって創建された。境内にはそれぞれ趣の違う庭を持ち、「 東海一連の庭 」と称される。霊雲院は、大永6 ( 1526 ) 年、大休宗休が創建した。狩野元信が滞在していたため、元信寺と呼ばれている。天球庵は、寛永8 ( 1631 ) 年に岡山藩城主、池田光政が叔母の菩提を弔うために建立した。伏見城の遺構である血天井が、廊下の天井に掲げられた寺院でもある。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。