京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2008年09月24日

第277問

【第277問】
次の家老を務めた人物の中で、京都の寺院建立に貢献しなかったのは誰か。

ア、 今枝民部近義  イ、山中鹿之助  ウ、直江兼続  エ、大石内蔵助

↓ 解答はこちら

【第277問】

< 解答 >  イ、山中鹿之助

< 解説 >  山中鹿之助は、戦国時代尼子氏の家老としてその再興に一生を捧げた。羽柴秀吉の毛利攻めでは悲運の名将としての名を高めたが、尼子氏を果たせず最期を遂げた。その墓は本満寺にある。
今枝民部近義は、加賀藩の家老を務め、蓮華寺の再興に力を貸した。それに協力したのが、石川丈山、狩野探幽名など当代きっての文化人達であった。直江兼続は若くして上杉家の家老となり、その知勇兼備の名将ぶりは広く知られ、豊臣秀吉からは大名扱い厚遇を受けた。石田三成とも仲がよく、関ヶ原の戦いでは西軍につき、その戦端を開いた。京都の寺院では額縁門で知られる天寧寺の建立に尽力している。大石内蔵助は赤穂浅野家の家老であったが、主君が殿中で刀を抜いたため切腹させられたの機会に赤穂を去り、京都に隠れて同志を集め、ついにその仇討ちを果たす。大石神社や岩屋寺など、隠れ住んだ山科に史跡が多いが、泉涌寺の塔頭である来迎院の再興に力を貸した。(2級)

<一言> 家老というポイントで少しひねりました。消去法で導けたと思います。来年は直江兼続ですね!

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。