京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2008年09月16日

第269問

【第269問】
「 わすれては波のおとかとおもうなり 枕に近き庭の松風 」 と詠んだのは誰か。

ア、 顕如上人  イ、教如上人  ウ、准如上人  エ、蓮如上人

↓ 解答はこちら

【第269問】

< 解答 >  ア、顕如上人

< 解説 >  顕如上人は本願寺の第11代門主であり、戦国時代に織田信長と石山本願寺を舞台に石山合戦を繰り広げた。京菓子の松風は、その際に考案され、兵糧にも使われたという。後に顕如上人が、その頃をおもって詠んだ歌から名前がついた。現在でも西本願寺の御用菓子である。
教如上人は顕如上人の長男であり、石山合戦では最後まで徹底抗戦を貫いた。准如上人は教如上人の弟であったが、父顕如上人との仲が悪化した教如上人にかわって本願寺を継いだ。これに不服を示していた教如上人に対して、徳川家康は現在の七条烏丸に土地を与えたため、本願寺は東西で二分されることとなった。蓮如上人は本願寺第8代目の門主であり、吉崎御坊を栄えさせ、ついで山科本願寺、石山本願寺を築き、中興の祖と呼ばれている。(3級)

<一言> 浄土真宗は、現在は東西本願寺合わせて2万末寺2000万人信徒ともいわる大勢力ですね。


同じカテゴリー(生活・行事)の記事画像
第2877問
第2071問
第1859問
第874問
第599問
第558問
同じカテゴリー(生活・行事)の記事
 第3304問 (2016-11-22 23:59)
 第3301問 (2016-11-19 23:59)
 第3294問 (2016-11-12 23:59)
 第3290問 (2016-11-08 23:59)
 第3288問 (2016-11-06 23:59)
 第3264問 (2016-10-13 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。