京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2008年05月25日

第156問

【第156問】
千利休が自害した後、千家は息子であった千少庵が再興した。その小庵が構えた 「 湘南亭 」 という茶室はどこにあるか。

ア、 西芳寺  イ、両足院 ウ、妙喜庵  エ、黄梅院

↓ 解答はこちら

【第156問】

< 解答 >  ア、西芳寺

< 解説 >  千利休の後をついだ千小庵が構えた 「 湘南亭 」 は、西芳寺 ( 通称苔寺 ) にある。建仁寺の塔頭両足院には、織田有楽斎の茶室 「 如庵 」( 国宝 )の写しである 「 水月亭 」 がある。また妙喜庵には千利休の遺した国宝の茶室 「 待庵 」 がある。そしてその利休の師匠であった武野紹鷗の茶室 「 昨夢軒 」 があるのが大徳寺の黄梅院である。(2級)

<一言> 千家は、利休の孫にあたる千宗旦から三千家に分かれ、表千家の 「 不審菴 」、裏千家の 「 今日庵 」、武者小路千家の 「 官休庵 」 を覚えるのがまず基本である。

同じカテゴリー(芸術・文化)の記事画像
第1708問
第61問
同じカテゴリー(芸術・文化)の記事
 第3303問 (2016-11-21 23:59)
 第3251問 (2016-09-30 23:59)
 第3249問 (2016-09-28 23:59)
 第3241問 (2016-09-19 23:59)
 第3214問 (2016-08-23 23:59)
 第3213問 (2016-08-22 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。