京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2008年05月19日

第150問

【第150問】
次のうち、通称 「 なりひら寺 」 と呼ばれている寺院はどれか。

ア、 誠心院  イ、補陀洛寺 ウ、十輪寺  エ、芬陀院

↓ 解答はこちら

【第150問】

< 解答 >  ウ、十輪寺

< 解説 >  伊勢物語の主人公とされた美男子で、歌人としても名声のあった在原業平は十輪寺で隠遁生活を送り、かつての恋人二条后がこの地を訪れた際に、塩竃を焚いて想いをたくしたと伝わる。菅原道真とも交流があり、よく2人で女遊びもしたという逸話が残っている。
 誠心院は通称、和泉式部寺、補陀洛寺は小町寺、芬陀院は雪舟寺という。小野小町といえば隨心院がでてくるので、補陀洛寺は難易度が高いが、残りはしっかり押さえておきたい。

<一言> 十輪寺近くの勝持寺の通称も名高い。



同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。