京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2008年05月16日

第147問

【第147問】
不焼寺と呼ばれ、「 夜泣き止めの松 」 がある寺院はどれか。

ア、 妙蓮寺  イ、常照寺  ウ、妙満寺  エ、本隆寺

↓ 解答はこちら

【第147問】

< 解答 >  エ、本隆寺

< 解説 >  本隆寺は法華宗真門流の総本山で、享保・天明の大火で焼け残ったため、不焼寺 (やけずのてら)と呼ばれている。境内の松は、「 夜泣き止めの松 」 と呼ばれ、松の葉を枕の下にいれておくと子供の夜泣きが止まるといわれている。
 妙蓮寺には遅咲きの御会式桜 (おえしきざくら) があり、常照寺には吉野桜。妙満寺は洛中雪月花三名園の 「 雪の庭 」 がある。すべて日蓮宗の寺院である。

<一言> 日蓮宗は洛中が 「 皆法華 」 と呼ばれただけあって、その信仰は根強く、各寺院なんらかのポイントあるので整理して覚えておく。

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。