京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年10月29日

第3280問

【第3280問】
徳川家康が短期間で造営を命じた二条城の大工頭といえば誰か。

ア、板倉勝重  イ、中井正清  ウ、小堀遠州  エ、藤堂高虎

↓解答はこちら

【第3280問】

<解答>  イ、中井正清 

<解説>  中井家はもともと武士であったが、仕えていた家が没落したことから奈良で大工の仕事へ転身し、頭角を現した中井正清 ( なかいまさきよ ) は、豊臣秀吉の聚楽第や方広寺の建築に関わった。その後、徳川家康が政権を取ると、正清は二条城の大工頭に抜擢され、詳細な城内図と見事な差配によって、約1年で二条城を造営した。その後も、名古屋城、駿府城、江戸城の町割り、日光東照宮、増上寺など大きな仕事を次々と任された。
  二条城を造営の際に京都所司代を務めていたのが板倉勝重であり、二条城の二の丸庭園の造営に携わったのが小堀遠州であり、二条城の縄張りを行ったのが藤堂高虎である。(3級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。