京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年10月09日

第3260問

【第3260問】
高山寺の国宝建築である石水院は、もともとどういった建物であったか。

ア、本堂  イ、阿弥陀堂  ウ、羅漢堂  エ、経蔵

↓解答はこちら

【第3260問】

<解答>  エ、経蔵

<解説>  高山寺は、往時には本堂阿弥陀堂、三重塔、羅漢堂経蔵、鐘楼などが並ぶ伽藍が形成されていた。その後、度重なる戦乱によって焼失した。
  現在の石水院は、もともと明恵上人によって経蔵として建立されたもので、後に春日・住吉両神影を祀る社殿も兼ねることとなった。その際に縋破風 ( すがるはふ ) の庇 ( ひさし ) で拝所 ( はいしょ ) 空間が設けられたことで、建築の独自色を強まり、鎌倉初期の名建築の美しさが引き立っている。(2級)

同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3319問 (2016-12-07 23:59)
 第3318問 (2016-12-06 23:59)
 第3308問 (2016-11-26 23:59)
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。