京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年09月02日

第3224問

【第3224問】
幕末に土佐藩出身の人斬りで恐れらた剣術家は誰か。

ア、河上彦斎  イ、岡田以蔵  ウ、中村半次郎  エ、田中新兵衛

↓解答はこちら

【第3224問】

<解答>  イ、岡田以蔵  

<解説>  岡田以蔵 ( おかだいぞう ) は土佐の下級郷士の出身で、武市瑞山とともに江戸の桃井塾で学び、土佐勤皇党に属した。剣術に優れていたため、龍馬は勝海舟の護衛を任せたと伝わる。武市瑞山の命によって本間精一郎襲撃など多くの過激派の天誅事件に関わったとされ、薩摩の田中新兵衛とともに 「 人斬り以蔵 」 として恐れられた。しかし 「 八月十八日の政変 」 以降の尊王攘夷派を襲った逆風の中で捕らえられて土佐に投獄され、拷問に耐え切れずにかつての吉田東洋暗殺事件を自白して斬首され、結果的にはそれを主導した武市瑞山を自害に追い込むこととなった。
  そのほかの選択肢も幕末の四大人斬りと称された人物で、佐久間象山を襲った河上彦斎 ( かわかみげんさい ) は肥後藩出身、のちの桐野利秋となる中村半次郎は薩摩藩出身である。(2級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。