京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年07月25日

第3185問

【第3185問】
次のうち三条通に入口が面している神社はどこか。

ア、新玉津島神社  イ、松明殿稲荷神社  ウ、車折神社  エ、神明神社

↓解答はこちら

【第3185問】

<解答>  ウ、車折神社 

<解説>  車折神社 ( くるまざきじんじゃ ) は、平安後期の漢学者・儒学者であった清原頼業が亡くなった後、廟所にもうけられた宝寿院という寺院が前身である。のちに天龍寺の末寺となったが、後嵯峨天皇が嵐山遊行の際、この前を通ろうとすると牛車が倒れ車のながえが折れたので、調べてみると頼業を祀った祠があった場所とわかり、車折大明神の神号を贈られたと伝えられている。現在も入口は三条通に面しており、大きな鳥居が存在感を放っているが、境内にある芸能人の信仰を集める芸能神社も芸能人の名前の入った玉垣が約2000並べており、この神社の大きな特徴の一つとなっている。
  藤原俊成の邸宅の鎮守社であった新玉津島神社 ( にいたまつしまじんじゃ ) は松原通にあり、伏見稲荷大社の境外末社である松明殿稲荷神社 ( たいまつでんいなりじんじゃ ) は七条通にあり、源頼政ゆかりの神明神社 ( しんめいじんじゃ ) は綾小路通にある。(3級)


同じカテゴリー(生活・行事)の記事画像
第2877問
第2071問
第1859問
第874問
第599問
第558問
同じカテゴリー(生活・行事)の記事
 第3304問 (2016-11-22 23:59)
 第3301問 (2016-11-19 23:59)
 第3294問 (2016-11-12 23:59)
 第3290問 (2016-11-08 23:59)
 第3288問 (2016-11-06 23:59)
 第3264問 (2016-10-13 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。