京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年07月18日

第3178問

【第3178問】
東寺の弘法さんの日の土産として知られる京菓子はどれか。

ア、 長五郎餅  イ、走井餅  ウ、どら焼き  エ、唐板

↓解答はこちら

【第3178問】

<解答>  ウ、どら焼き 

<解説>  東寺の縁日である 「 弘法さん 」 の土産として定着しているどら焼きは、江戸末期に笹谷伊織の5代目当主・笹屋伊兵衛が京都の東寺のお坊さんより、副食となる菓子を作って欲しいとの依頼から考案したものである。通常の鉄板でやくどら焼きとは違って、寺院でも作れるとようにと熱した銅鐸で焼いて作られたという。現在も毎月20日21日22日のみ限定で販売されている。
  長五郎餅は豊臣秀吉が命名した北野天満宮の門前菓子であり、走井餅は石清水八幡宮の門前名物菓子であり、唐板は上御霊神社の門前名物菓子である。(3級)

同じカテゴリー(生活・行事)の記事画像
第2877問
第2071問
第1859問
第874問
第599問
第558問
同じカテゴリー(生活・行事)の記事
 第3304問 (2016-11-22 23:59)
 第3301問 (2016-11-19 23:59)
 第3294問 (2016-11-12 23:59)
 第3290問 (2016-11-08 23:59)
 第3288問 (2016-11-06 23:59)
 第3264問 (2016-10-13 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。