京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年06月28日

第3158問

【第3158問】
次のうち後白河天皇が創建にかかわった寺院はどれか。

ア、蓮華王院  イ、妙心寺  ウ、南禅寺  エ、勧修寺

↓解答はこちら

【第3158問】

<解答>  ア、蓮華王院  

<解説>  蓮華王院は通称三十三間堂と呼ばれ、長寛2 ( 1164 ) 年に後白河天皇の命によって平清盛が創建した寺院である。当初は法住寺殿という後白河天皇の御所内に造られたが、木曽義仲の焼き討ちによって全て炎上し、鎌倉時代に入って蓮華王院は再建されて現在に至っている。
  妙心寺創建にかかわったのは花園天皇であり、南禅寺創建にかかわったのは亀山天皇であり、勧修寺創建にかかわったのは醍醐天皇である。(3級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。