京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年06月24日

第3154問

【第3154問】
室町幕府を開いた足利尊氏の墓所がある寺院はどこか。

ア、天龍寺  イ、地蔵院 (竹の寺)  ウ、等持院  エ、宝筐院

↓解答はこちら

【第3154問】

<解答>  ウ、等持院

<解説>  等持院は暦応2 ( 1341 ) 年、足利尊氏が夢窓疎石を開山に迎えて、現在の中京に建立し、暦応4 ( 1343 ) 年に別院の北等持院を衣笠山山麓に創建した。足利尊氏が亡くなった後、北等持院は尊氏の墓所となり、法名にちなんで等持院と改められた。さきに創建された中京の等持院も応仁の乱の後に合併し、禅宗十刹の第一位として壮麗な伽藍が築かれたが、火災などの被害にあい、その度ごとに足利義政や豊臣秀頼、福島正則らの再建により復興した。現在も庭園の中ほどに足利尊氏の墓が置かれている。
  天龍寺は、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために創建した寺院であり、地蔵院 ( 竹の寺 )に は、足利義満を支えた管領・細川頼之の墓があり、宝筐院 ( ほうきょういん ) には足利尊氏の子である足利義詮の墓がある。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。