京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年06月18日

第3148問

【第3148問】
南禅寺の三門の前にある灯籠はなんと呼ばれているか。

ア、綱灯籠  イ、忠盛灯籠  ウ、織部灯籠  エ、佐久間灯籠

↓解答はこちら

【第3148問】

<解答>  エ、佐久間灯籠

<解説>  南禅寺の三門は、寛永5 ( 1628 ) 年に大坂冬の陣・夏の陣の戦没異例者を弔うため、戦国時代から江戸時代初期に活躍した藤堂高虎によって建立された。門の前に立つ灯籠は佐久間灯籠と呼ばれ、日本最大級の大きさを誇っている。
  渡辺綱が寄進した綱灯籠は北野天満宮の本殿の前にあり、平忠盛の活躍を伝える忠盛灯籠は八坂神社の本殿横にあり、古田織部好みとも伝わる織部灯籠は仁和寺の九所明神の前に3基並んでいる。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。