京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年06月12日

第3142問

【第3142問】
京都の古代豪族でもっとも西側に拠点をもっていたのはどこか。

ア、出雲氏  イ、小野氏  ウ、土師氏  エ、賀茂氏

↓解答はこちら

【第3142問】

<解答>  ウ、土師氏 

<解説>  古代豪族の分布の中で、選択肢で最も西側に拠点を持ったのは土師氏 ( はじし ) である。土師氏は垂仁天皇や仁徳天皇の時代から朝廷に仕えた豪族であり、大阪の道明寺一帯を本拠としていた。山城国では平安京の南西部に拠点を伸ばしており、長岡京へ遷都した桓武天皇の信頼を得ていたとされる。子孫は大江氏、菅原氏、秋篠氏などに分かれ、その後も活躍している。
  出雲氏は賀茂川と高野川が合流する付近の西側一帯、小野氏は高野川上流域、賀茂氏は賀茂川上流域に拠点を持っていた。(2級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。