京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年03月18日

第3056問

【第3056問】
御所の門の中で皇太子や皇后が通るとされる門はどこか。

ア、宜秋門  イ、清所門  ウ、建春門  エ、朔平門

↓解答はこちら

【第3056問】

<解答>  ウ、建春門

<解説>  御所には全部で6つの門と13の穴門がある。このうち正門にあたるのが南側に位置する建礼門 ( けんれいもん ) であり、天皇、天皇と同行した場合の皇后、さらに外国の国王、大統領などが通ることができる。東側に位置するのが、かつては勅使が通った建春門 ( けんしゅんもん ) であり、現在は皇太子と皇后が通ることができる。御所の春秋の一般公開で入口となるのが 「 公家門 」 の別称がある宜秋門 ( ぎしゅうもん ) であり、出口が 「 台所門 」 の別称がある清所門 ( せいじょもん ) である。ちなみに通常予約拝観時には清所門が出入口となり、宜秋門は使われない。朔平門 ( さくへいもん ) は北側に位置する門で、幕末には 「 朔平門外の変 」 ( 別名、 「 猿が辻の変 」 ) の現場となった。(2級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3280問 (2016-10-29 23:59)
 第3279問 (2016-10-28 23:59)
 第3272問 (2016-10-21 23:59)
 第3271問 (2016-10-20 23:59)
 第3270問 (2016-10-19 23:59)
 第3269問 (2016-10-18 23:59)

この記事へのコメント
問題番号が誤っていませんか?3064番と3056番が同じです。
Posted by big-birdbig-bird at 2016年04月07日 12:47
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。