京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年03月14日

第3052問

【第3052問】
知恩院が浄土宗の総本山となる旨の綸旨を出したのはだれか。

ア、後奈良天皇  イ、正親町天皇  ウ、霊元天皇  エ、後鳥羽天皇

↓解答はこちら

【第3052問】

<解答>  イ、正親町天皇

<解説>  知恩院は、承安5 ( 1175 ) 年に東山大谷の地に法然が建てた草庵に始まる。法然は43歳で開宗して80歳で没するまで、讃岐国 ( 香川県 ) に流罪となった時期や、比叡山宗徒の攻撃を受けた際など一時的に離れることはあったが、基本的にはこの地で布教活動を行った。法然亡き後、文暦元 ( 1234 ) 年に弟子の源智が勢至堂を建てて本堂とし、華頂山知恩教院大谷寺と号した。また大永3 ( 1523 ) 年に正親町天皇の綸旨よって浄土宗の総本山となった。
  後奈良天皇は阿弥陀堂に 「 大谷寺 」 、 勢至堂に 「 知恩教院 」 という勅額を与えており、霊元天皇は三門に 「 華頂山 」 という勅額を与えており、後鳥羽天皇は法然上人から円頓戒を受けたという。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。