京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年02月13日

第3022問

【第3022問】
浄土真宗を開いた親鸞聖人の生誕地とされる場所はどこか。

ア、角坊  イ、比叡山  ウ、東山  エ、日野

↓解答はこちら

【第3022問】

<解答>  エ、日野

<解説>  浄土真宗の開祖である親鸞聖人は、父が日野有範 ( ありのり ) 、母が八幡太郎義家の孫娘・吉光女 ( きっこうにょ ) という名門貴族の家に生まれた。その生まれた場所である日野の里には、親鸞聖人が最初に御縁を結んだと仏として知られる法界寺の国宝・阿弥陀如来坐像があり、文政11 ( 1828 ) 年に日野誕生院という西本願寺の別院も建立された。
  当時異例の9歳という早さで出家し、比叡山にて20年の厳しい修行に入ったが、悟りを得ることができず、六角堂へ百日参籠を行った結果、東山で布教を行っていた法然のもとへ行くこととなり、法然の導きによって進むべき道が定まったという。その後は、数々の苦難を乗り越えて浄土真宗の基礎を作り上げ、最期は角防 ( すみのぼう ) で亡くなったと伝わる。(3級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。