京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2016年01月07日

第2985問

【第2985問】
下記のうち、きぬかけの道沿いにある寺院ではないのはどこか。

ア、妙心寺  イ、金閣寺  ウ、仁和寺  エ、龍安寺

↓解答はこちら

【第2985問】

<解答>  ア、妙心寺

<解説>  きぬかけの道は、衣笠山 ( きぬがさやま ) に名前が由来する。標高201mの衣笠山は、その名のとおり笠を伏せたような姿で、平安時代には山中に氷を貯蔵しておく氷室があったと伝わる。平安中期の夏の暑いに日に、宇多天皇が 「 雪見をしたい 」 と言ったことから、家来がこの山に絹をかけ、雪に見立てて雪見を楽しんだとされ、 「 きぬかけ山 」 という名称が生まれ、現在はそれが転じて衣笠山となっているのだ。その逸話から山麓を走る道は 「 きぬかけの道 」 と命名され、仁和寺龍安寺金閣寺と世界遺産を結ぶ貴重な道路となっている。
  妙心寺も同じく洛西にある寺院であるが、きぬかけの道より少し南側に位置し、北側は一条通に面しており、南側は妙心寺道に面している。(3級)

同じカテゴリー(自然・観光)の記事画像
第524問
第202問
第57問
第57問
第57問
同じカテゴリー(自然・観光)の記事
 第3230問 (2016-09-08 23:59)
 第3184問 (2016-07-24 23:59)
 第3171問 (2016-07-11 23:59)
 第3153問 (2016-06-23 23:59)
 第3102問 (2016-05-03 23:59)
 第3098問 (2016-04-29 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。