京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2015年11月11日

第2928問

【第2928問】
御所東にある梨木神社の境内に歌碑があるのは誰か。

ア、湯川秀樹  イ、藤原忠平  ウ、在原行平  エ、西田幾太郎

↓解答はこちら

【第2928問】

<解答>  ア、湯川秀樹

<解説>  梨木神社は、御所の東にあった旧三条家邸宅跡の東側に明治18 ( 1885 ) 年に創建された。祭神は三条実万 ( さねつむ ) ・実美 ( さねとみ ) 親子であり、学問の神様としての信仰を集めている。境内には雨月物語の作者である上田秋成の 「 ふみよめば 絵を巻きみれば かにかくに 昔の人の しのばるるかな 」 という歌碑と、日本最初のノーベル賞学者である湯川秀樹の 「 千年の 昔の園も かくやありし 木の下かげに 乱れさく萩 」 の歌碑が残されている。
  藤原忠平の歌碑 「 小倉山 峰のもみじ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ 」 は二尊院の境内に、在原行平の歌碑 「 さがの山 みゆき絶えにし 芹川の 千代のふる道 跡はありけり 」 は千代の古道に、西田幾多郎の歌碑 「 人は人 吾はわれ也 とにかくに 吾行く道を 吾行なり 」 は哲学の道に置かれている。(3級)

同じカテゴリー(芸術・文化)の記事画像
第1708問
第61問
同じカテゴリー(芸術・文化)の記事
 第3303問 (2016-11-21 23:59)
 第3251問 (2016-09-30 23:59)
 第3249問 (2016-09-28 23:59)
 第3241問 (2016-09-19 23:59)
 第3214問 (2016-08-23 23:59)
 第3213問 (2016-08-22 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。