京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2015年11月03日

第2920問

【第2920問】
藤原定家が56年にわたって書き続けた日記はどれか。

ア、御堂関白記  イ、十六夜日記  ウ、蜻蛉日記  エ、明月記

↓解答はこちら

【第2920問】

<解答>  エ、明月記

<解説>  藤原定家は鎌倉初期の歌人で、父は 『 千載和歌集 』 を編纂した歌人藤原俊成である。幼少の頃から父に歌の指導を受け、また西行法師や平忠度らと親交を持ち、天性の歌才に磨きをかけた。16歳で初めて歌合に参加し、源氏が挙兵し源平の争乱が勃発した1180年 ( 18歳 ) から日記 『 明月記 』 を73歳まで56年にわたって書き続けた。
  『 御堂関白記 』 は藤原道長の日記であり、 『 十六夜日記 』 の阿仏尼の日記であり、 『 蜻蛉日記』 は右大将道綱の母の日記である。(2級)

同じカテゴリー(芸術・文化)の記事画像
第1708問
第61問
同じカテゴリー(芸術・文化)の記事
 第3303問 (2016-11-21 23:59)
 第3251問 (2016-09-30 23:59)
 第3249問 (2016-09-28 23:59)
 第3241問 (2016-09-19 23:59)
 第3214問 (2016-08-23 23:59)
 第3213問 (2016-08-22 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。