京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2015年10月31日

第2917問

【第2917問】
西国三十三ケ所観音霊場第十九番札所である行願寺 ( 革堂 ) の開山は誰か。

ア、空也上人  イ、行円上人  ウ、源算上人  エ、延鎮上人

↓解答はこちら

【第2917問】

<解答>  イ、行円上人

<解説>  革堂は正式名称は行願寺といい、寛弘元 ( 1004 ) 年に行円上人によって創建された。革堂の名は、上人が常に皮の衣をまとっていたことによる。人びとに厚く信仰されたが、災火により転々とし、宝永5 ( 1708 ) 年の大火の後この地に移された。行円上人作と伝わる千手観音像を安置する本堂は、文化12 ( 1815 ) 年に建てられたもの。宝物館には女性の幽霊が描かれた幽霊絵馬が展示されている。西国三十三ケ所観音霊場第十九番札所で、都七福神巡りのひとつでもある。
  空也上人は、西国三十三ケ所観音霊場十七番目の札所である六波羅蜜寺の開山であり、源算上人は、西国三十三ケ所観音霊場二十番目の札所である善峯寺の開山であり、延鎮上人は、西国三十三ケ所観音霊場十六番目の札所である清水寺の開山である。(3級)

同じカテゴリー(自然・観光)の記事画像
第524問
第202問
第57問
第57問
第57問
同じカテゴリー(自然・観光)の記事
 第3230問 (2016-09-08 23:59)
 第3184問 (2016-07-24 23:59)
 第3171問 (2016-07-11 23:59)
 第3153問 (2016-06-23 23:59)
 第3102問 (2016-05-03 23:59)
 第3098問 (2016-04-29 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。