京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2015年05月31日

第2765問

【第2765問】
親鸞聖人ゆかりの 「 すすき塚 」 がある寺院はどこか。

ア、月輪寺  イ、了徳寺  ウ、六角堂  エ、青蓮院

↓解答はこちら

【第2765問】

<解答>  イ、了徳寺

<解説>  貴族の日野家に生まれた親鸞聖人は、9歳で青蓮院で出家し、比叡山延暦寺で修行三昧の生活を送った。しかし中々悟りが開けないことから六角堂への百日参籠を行い、ついにお告げによって法然上人のもとへと導かれることとなり、念仏への教えに傾倒していった。
  そんな親鸞聖人が月輪寺へ参籠した帰りに立ち寄ったのが鳴滝で、この地の了徳寺で民衆に念仏の教えを行い、民衆がお礼にと焚いたのが 「 大根焚き 」 だったと伝わる。現在も了徳寺では12月9日と10日に大根焚きの行事が続けられている。この時、親鸞聖人は大変喜び、そのお礼としてすすきの穂で十字の名号を書き残したという。この逸話を後世に伝えるべく、了徳寺の境内には現在も 「 すすき塚 」 が残されてる。(3級)

同じカテゴリー(生活・行事)の記事画像
第2877問
第2071問
第1859問
第874問
第599問
第558問
同じカテゴリー(生活・行事)の記事
 第3304問 (2016-11-22 23:59)
 第3301問 (2016-11-19 23:59)
 第3294問 (2016-11-12 23:59)
 第3290問 (2016-11-08 23:59)
 第3288問 (2016-11-06 23:59)
 第3264問 (2016-10-13 23:59)

この記事へのコメント
親鸞聖人が書き残したのは、十字の名号であり、六字の名号は、後に親鸞聖人を偲び、この地を訪れた蓮如が残したものである。
Posted by あいあいさん at 2015年06月01日 11:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。