京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2015年05月26日

第2760問

【第2760問】
平安京の官寺であった東寺を再興した人物といえばだれか。

ア、道昌  イ、文覚上人  ウ、一休宗純  エ、金地院崇伝

↓解答はこちら

【第2760問】

<解答>  イ、文覚上人

<解説>  東寺は、延暦13 ( 794 ) 年の平安京遷都の際に、護国の寺として羅城門の東に建立され、西の西寺 ( 現存せず ) とともに平安京の二大官寺の一つとされた。その後、弘仁14 ( 823 ) 年に嵯峨天皇によって弘法大師空海に下賜されて、真言密教の道場としての歴史を歩むこととなる。空海亡き後、一時荒廃したが、高雄の文覚上人が後白河法皇や源頼朝の協力を取り付けて再興し、後醍醐天皇や足利尊氏の保護により発展したが、文明18 ( 1486 ) 年の火災によって主要な伽藍のほとんどを失った。その後、豊臣家、徳川家の援助により、現在の形となった。
  空海の高弟である道昌 ( どうしょう )は法輪寺や広隆寺を再興し、一休宗純は大徳寺を再興し、金地院崇伝は南禅寺を再興した。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。