京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2015年05月17日

第2751問

【第2751問】
妙心寺の塔頭寺院である退蔵院の水墨画 「 瓢鮎図 」 の作者は誰か。

ア、明兆  イ、如拙  ウ、周文  エ、雪舟

↓解答はこちら

【第2751問】

<解答>  イ、如拙

<解説>  退蔵院にある 「 瓢鮎図 」は、室町水墨画の先駆者・如拙 ( じょせつ ) の確証がある数少ない作品の一つであると同時に、日本の初期水墨画の代表作の一つである。つるつるの瓢箪でぬるぬるしたなまず ( 「 鮎 」 は 「 なまず 」 の古字 ) をどのように捕まえるかという、およそ不可能な問いかけを図示したもので、禅の公案を絵画化したものである。紙面の下半に絵があり、上半部には序文に続けて30名の禅僧による答えが書かれている。
  水墨画の初期には東福寺の僧であった明兆 ( みんちょう ) の存在が挙げられ、東福寺に涅槃図を残している。その流れが如拙、周文 ( しゅうぶん ) 、雪舟 ( せっしゅう ) へと受け継がれた。ただし雪舟は中央権力とは離れて周防へと移り、大内氏の庇護を受けつつ水墨画を大成した。(3級)

同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3319問 (2016-12-07 23:59)
 第3318問 (2016-12-06 23:59)
 第3308問 (2016-11-26 23:59)
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。