京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2015年03月31日

第2704問

【第2704問】
薬壺から薬を取り出す姿を示した珍しい薬師如来がある寺院はどこか。

ア、永観堂  イ、勝持寺  ウ、勝林院  エ、醍醐寺

↓解答はこちら

【第2704問】

<解答>  イ、勝持寺

<解説>  勝持寺は、白鳳8 ( 679 ) 年に役行者によって創建され、延暦10 ( 791 ) 年に桓武天皇の命によって最澄が再建したと伝わる。その後、応仁の乱によって焼失するものの、天正年間に再建された。本堂に向かって右側にある瑠璃光殿には、本尊の薬師如来坐像、胎内仏、脇侍の日光菩薩と月光菩薩、頭上に干支の動物を掲げた十二神将、仁王像、西行像がずらりと並んでおり、中でも薬師如来坐像は薬壺から薬を取り出す姿を示しており、今まさに人びとを救おうとする尊い姿をあらわしている。
  永観堂の本尊の阿弥陀如来は、振り返った珍しい姿をしていることから 「 見返り阿弥陀 」 と呼ばれている。勝林院の本尊の阿弥陀如来は、大原問答の逸話から 「 証拠の阿弥陀 」 と呼ばれており、後ろには法然上人像とともに、足を前に踏み出した珍しい形をしている踏出阿弥陀如来立像も安置されている。醍醐寺の旧本尊である薬師如来坐像は仏師・会理 ( えり ) によって造立され、参拝する人々が治してほしい悪い部分に金箔を貼ったことから 「 箔薬師 ( はくやくし ) 」 と呼ばれてきた。(2級)


同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3319問 (2016-12-07 23:59)
 第3318問 (2016-12-06 23:59)
 第3308問 (2016-11-26 23:59)
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。