京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2015年03月23日

第2696問

【第2696問】
次の人物の中で、嵐山の亀山公園内に銅像のあるはどれか。

ア、桂小五郎  イ、坂本龍馬  ウ、角倉了以  エ、高山彦九郎

↓解答はこちら

【第2696問】

<解答>  ウ、角倉了以 

<解説>  角倉了以 ( すみのくらりょうい ) は、安土桃山時代から江戸初期にかけて活躍した豪商で、茶屋四郎次郎、後藤庄三郎とともに京都における三長者と称された。朱印船貿易で財をなし、得意であった土木技術を生かして、保津川 ( 大堰川 ) を広げ、高瀬川を開削した。保津川の拡張工事の際には大悲閣千光寺を、高瀬川の開削工事の際には瑞泉寺を建立している。保津川の拡張によって丹波からの水上輸送ルートを確立し、地域に大きく貢献したため、嵐山の亀山公園には鍬をもって工事に臨む了以の銅像が建てられている。
  明治維新三傑の一人である桂小五郎の銅像は、長州藩邸跡に建つ京都ホテルオークラの前にあり、薩長同盟で活躍した坂本龍馬の銅像は、中岡慎太郎とともに円山公園内にあり、寛政の三奇人の一人である高山彦九郎の銅像は、三条大橋の東にある。ちなみに、角倉了以、坂本龍馬、高山彦九郎の銅像を合わせて京都三大銅像ともいう。(3級)

同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事画像
第839問
第468問
第438問
第94問
同じカテゴリー(歴史・史跡)の記事
 第3309問 (2016-11-27 23:59)
 第3299問 (2016-11-17 23:59)
 第3298問 (2016-11-16 23:59)
 第3297問 (2016-11-15 23:59)
 第3292問 (2016-11-10 23:59)
 第3287問 (2016-11-05 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。