京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2015年03月19日

第2692問

【第2692問】
商売繁盛の神様として信仰を集める車折神社の境内にある社はどれか。

ア、伴氏社  イ、高良神社  ウ、清少納言社  エ、美御前社

↓解答はこちら

【第2692問】

<解答>  ウ、清少納言社

<解説>  車折神社 ( くるまざきじんじゃ ) は、平安後期の漢学者・儒学者であった清原頼業が亡くなった後、廟所にもうけられた宝寿院という寺院が前身である。その後天龍寺の末寺となるが、後嵯峨天皇が嵐山遊行の際、この前を通ろうとすると牛車が倒れて車の轅 ( ながえ ) が折れたので、調べてみると頼業を祀った祠があった場所とわかり、車折大明神の神号を贈られたと伝えられている。現在は、商売繁盛、金運向上、売掛金回収の神と慕われており、境内には芸能神社や清少納言を祀った清少納言社もある。
  京都三珍鳥居がある伴氏社 ( ともうじしゃ ) は北野天満宮にあり、 『 徒然草 』 に登場する高良神社 ( こうらじんじゃ ) は石清水八幡宮にあり、美人祈願で人気の美御前社 ( うつくしごぜんしゃ ) は八坂神社にある。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。