京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2014年07月30日

第2461問

【第2461問】
次の社寺のうち、作庭家である中根金作が関わった庭園をもつのはどこか。

ア、瑞峯院  イ、貴船神社  ウ、松尾大社  エ、御香宮神社

↓解答はこちら

【第2461問】

<解答>  エ、御香宮神社

<解説>  御香宮神社は、貞観4 ( 862 ) 年に、境内から香りの良い水が湧き、その水を飲むと万病に効くという奇跡が起こったことにより、清和天皇より 「 御香宮 」 の名を賜った。社務所奥の庭園は、かつての伏見奉行所にて小堀遠州が作庭した時の石を移しており、昭和32 ( 1957 ) 年に中根金作によって新たに作庭されたものである。
  他の選択肢である社寺には、すべて重森三玲が作庭した庭園が残されている。大徳寺の瑞峯院 ( ずいほういん ) では独坐庭 ( どくざてい ) と閑眠庭 ( かんみんてい ) 、貴船神社では天津磐境 ( あまついわさか ) の庭、松尾大社では上古 ( じょうこ ) の庭、曲水の庭、蓬莱の庭が挙げられる。(2級)

同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3319問 (2016-12-07 23:59)
 第3318問 (2016-12-06 23:59)
 第3308問 (2016-11-26 23:59)
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。