京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2014年06月28日

第2429問

【第2429問】
次のうち方丈が国宝建築の寺院といえばどこか。

ア、龍吟庵  イ、天龍寺  ウ、龍安寺  エ、龍源院

↓解答はこちら

【第2429問】

<解答> ア、龍吟庵 

<解説> 東福寺の塔頭である龍吟庵 ( りょうぎんあん ) は、東福寺第三世である無関普門の墓所として鎌倉末期に創建された。中心となる方丈は嘉慶元 ( 1387 ) 年の造営で、応仁の乱で焼失を免れた日本最古の方丈建築とされる。中央の間を特に広くし、北室も当初は複数の小部屋であったとされ、寝殿造の趣をもった蔀戸や妻戸などからも、方丈と住宅建築の古式を現在に伝えている。また足利義満筆の額字がかかげられており、桃山時代の庫裏や表門も重要文化財に指定されている。
  天龍寺は幕末の火災でほぼ全焼しており、大方丈は明治32 ( 1899 ) 年の建築であり、小方丈は大正13 ( 1924 ) 年の建築である。龍安寺の方丈は塔頭である西源院から移築したものであり、重要文化財に指定されている。龍源院 ( りょうげんいん ) の方丈は、永正14 ( 1517 ) 年頃に造営されたもので、重要文化財に指定されている。(2級)

同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3319問 (2016-12-07 23:59)
 第3318問 (2016-12-06 23:59)
 第3308問 (2016-11-26 23:59)
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。