京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2014年06月19日

第2420問

【第2420問】
大覚寺の五大明王像の制作を行った円派の仏師といえば誰か。

ア、円勢  イ、長円  ウ、賢円  エ、明円

↓解答はこちら

【第2420問】

<解答>  エ、明円

<解説>  大覚寺の本尊である五大明王像は、円派を率いた明円 ( みょうえん ) の円熟期の作であり、重要文化財に指定されている。当初は五大堂に祀られていたが、現在は霊宝館に移されており、もとの場所には松久朋琳・松久宗琳が昭和50 ( 1975 ) 年に完成した五大明王像が祀られている。
  円勢 ( えんせい ) と長円 ( ちょうえん ) は、円派の初期の人物として円派を形成した親子であり、仁和寺の薬師如来坐像を残している。賢円 ( けんえん ) は、円勢の次男で長円の弟にあたる仏師とされ、鳥羽離宮の安楽寿院に本尊である阿弥陀如来坐像を残している。(2級)

同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3319問 (2016-12-07 23:59)
 第3318問 (2016-12-06 23:59)
 第3308問 (2016-11-26 23:59)
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。