京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2014年06月12日

第2413問

【第2413問】
次のうち狩野探幽が残した作品がある場所ではないのはどこか。

ア、南禅寺・方丈  イ、泉涌寺・舎利殿
ウ、大徳寺・法堂  エ、二条城・二の丸御殿

↓解答はこちら

【第2413問】

<解答>  イ、泉涌寺・舎利殿

<解説>  江戸時代初期に狩野派を率い、狩野派一門の画風を決定づけた狩野探幽は、多くの作品を残している。京都における代表的なものには、二条城二の丸御殿 ( 大広間、式台の間 ) 、泉涌寺仏殿、妙心寺、大徳寺法堂の天井画、妙心寺、大徳寺、南禅寺方丈の襖絵などが挙げられる。
  泉涌寺舎利殿の天井には、京狩野二代目となった狩野山雪によって、幡龍図が描かれている。(2級)

同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3319問 (2016-12-07 23:59)
 第3318問 (2016-12-06 23:59)
 第3308問 (2016-11-26 23:59)
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。