京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2014年02月28日

第2309問

【第2309問】
御香宮神社の建物の中で、 「 中国の二十四孝 」 を題材にした彫刻が施されているのはどれか。

ア、表門  イ、拝殿  ウ、本殿  エ、一の鳥居

↓解答はこちら

【第2309問】

<解答>  ア、表門

<解説> 御香宮神社は、貞観4 ( 862 ) 年に境内から香りの良い水が湧き、その水を飲むと万病に効くという奇跡が起こったことにより、清和天皇より 「 御香宮 」 の名を賜った。応仁の乱で一時期荒廃したが、豊臣秀吉、徳川家康が手厚く保護し、紀州藩や水戸藩の寄進も受け、荘厳華麗な桃山文化を今に伝えている。水戸藩が寄進した表門は伏見城の大手門を移築したもので、梁の上の蟇股には 「 中国の二十四孝 」 の中から4つの場面が表されている。拝殿は紀州藩が寄進したもので、鯉の滝登りや琴高仙人などの彫刻が見事である。本殿は徳川家康が寄進したもので、重要文化財に指定されている。一の鳥居の上には、黄檗宗の木庵性瑫 ( もくあんしょうとう )によって書かれた扁額が掲げられている。(2級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。