京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2014年02月27日

第2308問

【第2308問】
烏丸二条の交差点を起点として東西に延びる二条通に多い店は何か。

ア、薬屋  イ、家具屋  ウ、電器屋  エ、古美術屋

↓解答はこちら

【第2308問】

<解答>  ア、薬屋

<解説>  二条釜座通上ル西側には通称 「 こぬか薬師 」 で知られる薬師院がある。本尊である薬師如来は、最澄が一刀三礼 ( 1回刻むたびに3回拝む ) の礼を尽くして彫ったと伝わるもので、かつて美濃国 ( 岐阜県 ) にあったものを織田信長が京都へ運び、現在の場所に祀ったとされる。 「 こぬか薬師 」 と名がついたのは、寛喜2 ( 1230 ) 年に疫病が流行ったとき、住職の夢にあらわれた薬師如来からの 「 一切病苦、わが前に来たらば諸病ことごとく除くべきに来也 ( こぬか ) 来也 ( こぬか ) 」 とのお告げによって、人びとが救われたという話にちなんでいる。そのことから二条烏丸の交差点付近の二条通には薬屋が現在も多く、烏丸二条西入ル北側には薬祖神社も建っている。
  家具屋が多いのは、夷川通の烏丸通と寺町通間であり、電器屋が多いのは、寺町通の四条通と高辻通間であり、骨董屋が多いのは、寺町通の丸太町から三条通間と新門前通、古門前通である。(2級)
 

同じカテゴリー(生活・行事)の記事画像
第2877問
第2071問
第1859問
第874問
第599問
第558問
同じカテゴリー(生活・行事)の記事
 第3304問 (2016-11-22 23:59)
 第3301問 (2016-11-19 23:59)
 第3294問 (2016-11-12 23:59)
 第3290問 (2016-11-08 23:59)
 第3288問 (2016-11-06 23:59)
 第3264問 (2016-10-13 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。