京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2014年02月17日

第2298問

【第2298問】
次のうち鎌倉時代に造られた国宝の門とえばどれか。

ア、東寺・蓮花門  イ、東福寺・三門  ウ、建仁寺・勅使門  エ、仁和寺・仁王門

↓解答はこちら

【第2298問】

<解答> ア、東寺・蓮花門

<解説>  東寺の西側にある蓮花門 ( れんげもん ) は、鎌倉時代の文覚上人による再興時のものとされる。境内の八脚の門のうちもっとも古いが、均整がとれた美しさは際立っている。名前は、空海が東寺を去って高野山へ向かう時に、この門をくぐって出て行ったとされ、その空海を見送りにきた不動明王の足元と、空海が歩いていった足跡に蓮の花が咲いたことに由来する。
  禅寺の三門としては最古の建造物となる東福寺三門は、室町幕府の第4代将軍・足利義持の命によって造られた。建仁寺勅使門は、別名 「 矢立て門 」 、 「 矢の根門 」 と呼ばれている。これは平安末期の平家一門の館の門であったという伝承によるものであるが、実際には鎌倉時代の建立とされ、重要文化財に指定されている。仁和寺仁王門は、江戸幕府の第3代将軍・徳川家光の命によって造られたものである。(2級)


同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事画像
第1403問
第364問
同じカテゴリー(建築・庭園・美術)の記事
 第3319問 (2016-12-07 23:59)
 第3318問 (2016-12-06 23:59)
 第3308問 (2016-11-26 23:59)
 第3305問 (2016-11-23 23:59)
 第3296問 (2016-11-14 23:59)
 第3284問 (2016-11-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。