京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2014年02月10日

第2291問

【第2291問】
戦国武将である伊達正宗が植えたとされるモッコクの木がある寺院はどこか。

ア、金閣寺  イ、海宝寺  ウ、青蓮院  エ、善峯寺

↓解答はこちら

【第2291問】

<解答> イ、海宝寺

<解説> 伏見にある海宝寺 ( かいほうじ ) は、萬福寺13世竺庵浄印 ( じくあんじょういん ) が、萬福寺の別院として創建し、享保13 ( 1728 ) 年に、伊達家の屋敷跡に移転した。大丸の創業者である下村正啓は、竺庵に帰依して多くの援助を行い、現在もその関係が続いている。境内には伊達政宗お手植えのモッコクの木があり、伊藤若冲が描いた 「 群鶏図 」 も所蔵している。
  金閣寺には足利義満お手植えの 「 陸舟の松 」 があり、青蓮院には親鸞聖人お手植えのクスノキがあり、善峯寺には桂昌院お手植えの枝垂れ桜がある。(3級)

同じカテゴリー(神社・寺院)の記事画像
第2492問
第2329問
第2261問
第1784問
第1639問
第1634問
同じカテゴリー(神社・寺院)の記事
 第3321問 (2016-12-09 23:59)
 第3320問 (2016-12-08 23:59)
 第3317問 (2016-12-05 23:59)
 第3316問 (2016-12-04 23:59)
 第3315問 (2016-12-03 23:59)
 第3314問 (2016-12-02 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。