京つう

  歴史・文化・祭り  |  洛中

新規登録ログインヘルプ


2013年12月31日

第2250問

【第2250問】
次のうち建仁寺を創建した栄西が著した書物はどれか。

ア、教行信証  イ、立正安国論  ウ、正法眼蔵  エ、喫茶養生記

↓解答はこちら

【第2250問】

<解答> エ、喫茶養生記

<解説> 日本における臨済宗の開祖となった栄西は、中国の宋に2度渡って禅宗を日本にもらたした人物であり、京都初の禅寺である建仁寺を創建した。また喫茶の風習を本格的に日本に持ち込み、 『 喫茶養生記 』 を著してその効用や栽培方法などを広めた。親交のあった高山寺の明恵上人には茶の苗を譲っており、高山寺の境内には日本最古の茶園が残っている。
  他の選択肢もすべて開祖となった人物である。浄土真宗を開いた親鸞聖人は 『 教行信証 』 を著し、日蓮宗を開いた日蓮上人は 『 立正安国論 』 を著し、日本で曹洞宗を開いた道元禅師は 『 正法眼蔵 』 を著した。(3級)

同じカテゴリー(芸術・文化)の記事画像
第1708問
第61問
同じカテゴリー(芸術・文化)の記事
 第3303問 (2016-11-21 23:59)
 第3251問 (2016-09-30 23:59)
 第3249問 (2016-09-28 23:59)
 第3241問 (2016-09-19 23:59)
 第3214問 (2016-08-23 23:59)
 第3213問 (2016-08-22 23:59)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。